藤吉ネット|誹謗中傷問題を扱う弁護士藤吉修崇

ユーチューバー弁護士藤吉修崇の公式ブログ

【SNS発信】複数メディアを運営する僕の悩み

僕は現在TwitterYouTubeそしてこのブログと言う3種類のメディアを用いて自分の意見や考えを発信しております。

これとは別にティックトックというSNSも運用してはいるのですが、こちらは主にYouTubeの宣伝と言う側面が大きく、発信のための手段と言う意味では大きく活用ができておりません。

なので、3つのメディアで発信というスタイルが基本ということになります。

f:id:damengoshi55:20200306115537p:plain

そして、このように3つのメディアを運用していると日頃考えたことやふと思いついた事に対して、どのメディアで発信するのがベストであるかと言うことをついつい考えてしまうのです。

 

 

ツイッターの利用方法

現在僕はTwitterはフォローは3000人ほどおります。

 

twitter.com

 

こちらについては、ふと感じたことや考えたことを気軽につぶやけると言う特徴があり、他のメディアと選択について迷うと言う事はその性質上ほとんどありません。

そもそもつぶやける文字数も120文字と決められており、自分の伝えたいことを表現できる範囲としては非常に限られたものとなります。

むしろふとしたことをいかに短くときにはおかしく伝えられるかと言う媒体であり、時間や文字数に制限がない他の媒体とは非常に異なるものがあります。

 

選択について迷うもの

こちら1番迷う者としてはやはり、例えば法律解説などを行う時YouTubeで行うのかそれともブログで行うのかということに関しては自分の中でその明確な基準は未だ存在しておりません。

特にYouTubeにおいては基本的には相方と掛け合いという形式での法律問題を解説するという形式が多いのですが、ときには自分1人で法律問題をただひたすら話をすると言うスタイルを利用することも行っているため、正直申し上げてブログYouTubeどちらでも自分の言いたい事はある程度は伝えられると感じております。

特にこのブログも音声入力による作成を行っているため、はっきり言って誰もいない部屋で独り言をぶつぶつ言い続けると言う点では、どちらでも同じであります。

 

ぶつぶつ独り言を言ってる変人でございます

 

もちろん文字だけで発信することと本人が顔を出した上でひたすらリスナーに向かって話し続けると言う事ことでは伝わる印象としては大きく違うと言う事は間違いないとは思うのですが、私の労力はさほど変わらないと言うことになってきます。

 

ブログのメリットデメリット

私のYouTubeは現在登録者がありがたいことに30,000人ほどいます。

www.youtube.com

 

そのため自分の考えを発信する手段としてはYouTubeの方が、最近始めたブログに比べるとかなりの多くの人に観てもらえる言うことはあります。

 

誰も観てもらえなければ壁の落書きと同じやで

 

ただYouTubeの場合は編集などを費用を払って外注しているため、動画をむやみやたらに撮りアップをし続けると瞬くの間に僕の財産が目減りしていってしまうんです。

そのためいくら使っても無料であるブログと言うものもそれなりのメリットがあるわけです。

また僕は結構新しいものを攻略すると言うことが昔から好きで、喜びに感じてしまう変態のため、現在アクセスが全くないブログをどのように育てていくかと言うことに対しては考えることそれ自体が非常に楽しくなっております。

ただ非常に飽きやすい僕のことですから、その意欲もいつまで続くかは未知数であります。

 

今後について

今後ティックトックも含めて、これらメディアをどのように運営していくかと言うことについては全くの未知数ではありますが、それぞれ継続していくためには皆さんの応援が不可欠です。

ぜひ引き続きよろしくお願い申し上げます。